ブログ,  競馬

無観客競馬〜54日目(薄暮16日目)〜

JRA交流が再開!

4月に入って、コロナウィルス感染拡大防止策で、JRAとの交流競走がダートグレードレースを除いて開催が取り止めとなっていました。

きょう園田でも再開したJRA交流、薄暮開催なのでメインの『淀川特別』は、第7レースに組まれました。

園田競馬では、3月26日に行われた『摩耶山特別』以来でしたか、そのレースを勝ったラブリーハッチ(牝3・JRA浜田多實雄厩舎)が『淀川特別』を優勝!

園田の交流連勝となりました!

手綱を任された大山真吾騎手の騎乗ぶりも見事で、鮮やかな逃げ切りでした。

きのうは逃げ切りが820mの新馬戦だけでしたが、きょうは逃げた馬も連対するケースもチラホラ。

きのうとは少し違うなと思わせる馬場傾向でした。

それでも差し馬の台頭する場面も多くあり、スリリングなレースが続いたように思います。

そんな中行われた11Rは大激戦のメンバー構成。

道中後方にいた4番人気のアシャカドが、大柿一真騎手の騎乗で巧く馬群を捌いて混戦を断ちました!

ただ、それを実況のぼくが外にばかり目が行き、上手に伝えることができなかった…。ホンマにド下手やった…。申し訳ないm(_ _)m

「そんなん分かりませんでしたわw」

そらそやろ、レースに乗ってんねんから(^^;)

「あとで聴いてみます」

あわわ…。

50歳になり、いろんな間違いもするし、ポンコツ加減がさらに悪化してるようです…。気を引き締めてまいりますm(_ _)m

あっ、そうそう!

これが綺麗になった例のものです!

名前覚えてはりますか?

せーの!

下馬枠!

※ゲバークも可

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。