ブログ,  競馬

園田競馬・開催日誌 2020年11月18日

鈴木セイヤアナが検量に行く

きのう実況デビューを果たした鈴木セイヤアナウンサー。

検量室前で騎手たちにご挨拶。

高畑騎手がなんか知らんけど嬉しそう(^^;

騎手の皆さん、どうぞ温かく迎えてやってください。

リーディングトップの吉村騎手は「次のレースの馬体重の読み方が遅いと思う」と、なんともマニアックな忠告!

丁寧に喋ろうとするがあまり、遅くなっているきらいはあります。

それより、吉村騎手はよう聴いてるなぁ(;’∀’)ヘビーリスナー…

そんな鈴木アナ、解説の競馬キンキ北防トラックマンにいじられまくることに。

北防さんの実況を聴いた感想は「歌ったりウクレレを弾いたりしなかったのが物足りない」と。

静岡県出身で関西のノリを上手に返すことができずに、ドギマギする場面も。

「それでも、しっかり喋っていて安心感をもって見られた」とサラッと褒め讃えるあたりはさすが北防さんですわ♪

これからも北防さんに、ビシバシ鍛えてもらいなさい(/・ω・)/

誘導馬にニューフェイス

兵庫県競馬ではアイスバーグとメイショウシャークの2頭の誘導馬が活躍しています。

そこへ京都競馬場から移籍してきたストラディヴァリオが、来週から加わります。

アイスバーグが27歳、メイショウシャークが23歳と、この中に入るとなんとも若々しい、17歳のストラディヴァリオ。

JRAでは競走馬としても活躍。岩田康誠騎手、安藤勝己騎手を背に4勝を挙げました。

小牧太騎手、赤木高太郎騎手も騎乗経験があり、園田には縁もゆかりもありまくりの競走生活でした。

誘導馬としてはコントレイル、デアリングタクトを無敗の三冠へ、堂々と誘導した経験の持ち主。

性格は大人しく、人懐っこく、好奇心旺盛なんだそうです。

ぼくが写真を撮っていると、物おじせずどんどん近づいて来るのが可愛かった♪

今週は本馬場の手前まで先輩たちと歩き、誘導の練習に勤しみました。

来週の火曜日から誘導を開始する、園田のアイドル候補ストラディヴァリオをよろしくお願いします♪

ユナチャン嬉しい認定勝ち!

第8レースでJRA認定競走が行われ、1番人気に支持されたユナチャン(牝2・木村健厩舎)がその人気に応えて快勝!JRAへの挑戦権を獲得する、嬉しい認定勝ちとなりました。

管理する木村健調教師は「まだまだ幼いところがありますね。直線でもずっと手前を替えてないですから」と奥の深さをアピール。

気になるJRAへの挑戦は「年内は無理なので、年明けになると思います」と意欲満々でした。

鞍上の松木大地騎手は「ぼく自身が初めての認定勝ちで嬉しいです♪この馬は走るたびに良くなっていますし、これからどんどん伸びていくと思います」と少々興奮気味に語ってくれました。

木村師は「プレッシャーに打ち勝ったからエライ!」と松木騎手を讃えていました。

そして、馬主さんご家族が大喜びされていたのが何より微笑ましかった♪

こっちまで嬉しくなりますわ♪

その昔なんの気なしに「嬉しい認定勝ち!」と実況したときに、ある馬主さんから「言ってもらえてホントに嬉しかった」と言ってもらえたことを思い出す。

西ウイナーズサークルでは表彰式はありませんが、記念撮影はこのようにして行っています。お客さんの方に向き直り、皆さんに撮影してもらうこともあります。

少し距離のあるふれあいですが、どうぞお越しいただいて関係者をご祝福いただければと思います。

メインはダッシュ鋭くナチュラリー!

メインレースではオープン特別が行われ、重賞5勝の実績馬ナチュラリー(牡7・新子雅司厩舎)が抜群のスタートからハナを奪って逃げ切り勝ち。

短距離巧者が揃った一戦で格の違いを見せつけました。

騎乗した笹田知宏騎手は「きょうは何もしなくても好スタートが切れました」と言ったように素晴らしい飛び出しでした。

56キロの斤量も良かったそうで「58キロだったら、気合いをつけてやらないとあれほどのスタートは切れませんから」

斤量はやっぱり微妙に影響してくるそうです。

年末の『兵庫ゴールドトロフィー(JpnⅢ)』に向かうものとは思いますが、ハナを切ったときの強さは格別の同馬。

前走は内にいた馬が外に張り出し、1コーナーで大きく膨れてしまいました。まったくレースにならず、不完全燃焼の大敗…。

今回の快勝劇で嫌な思いも払拭!次走以降の快速ぶりにご注目ください♪

まさかの夏日!?

きのう同様、きょうも快晴♪気温もぐんぐん上昇!

午後3時前、なんとこの時期は珍しく25℃までに!!

11月半ばにまさかの“夏日”になるとは( ̄▽ ̄;)アセバムワア…

来週は発走時刻が繰り下げてレースが行われます。

撮影したのは17時8分。

来週の3日間は第10レースが17時15分。11レースが17時55分。最終レースが18時30分を予定。

恐らく、後半の3競走はもうナイター競馬の様相ではないかと思われます。

タガノゴールドの献花台はあしたまで、『園田金盃』の投票もあしたまでです!!

1件のコメント

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。