ブログ,  子育て

宣言!

別に宣言をする必要があるかどうかは分かりません(たぶんない)が、宣言しようと思う。

わたくし、このたび仮面ライダーからの卒業を宣言します!

もう、どうでもええわ!と読まなくて結構ですm(__)m

こどもたちが観るので、一緒になって盛り上がっていた仮面ライダーシリーズ。

なのに、その肝心のこどもたちが観なくなってしまった。

スーパー戦隊シリーズは早い段階で離脱していたチビたち。

そしてその波がいよいよライダーにも広がり、まずはジナン(小2)が離脱…。『仮面ライダーセイバー』は第1回放送しか観なかった。

続いてチョーナン(小5)は何週間か観ていたものの、ある日ぱったりと興味を示さなくなった。録り溜めしているものを消さないでとは言っていたものの、最近になって「消していいで」と言ってきた。

いよいよ『仮面ライダーセイバー』を観るのはぼくだけになった…。

う~む、それでも観続けようか考えたけど…、やっぱり卒業することにした!

卒業することでの今後への影響

今後への影響ってなんやねん!ってお思いの方もいらっしゃるでしょうけど、意外にあるのでございます。

それは重賞レースの本馬場入場。

ぼくが実況するレースの本馬場入場で出走馬を紹介するとき毎回一頭は、仮面ライダーやスーパー戦隊に絡めて紹介することにしていました。

それを今後はやらなくなりますってことです。

やっぱり影響ないやん(;’∀’)ドーデモエーワ

例えば、これまでどんな紹介をしていたかというと、一番最初にフレーズとして使ったのは2017年の『兵庫ダービー』で、ブレイヴコールの紹介シーン。

当時放送していた『仮面ライダーエグゼイド』に登場する仮面ライダーブレイブの決め台詞「俺に切れないものはない」を引用して…

ブレイヴコールが逃げ馬だったことにちなんで「俺に逃げ切れないレースはない」と紹介したのが最初でした。

このあとも毎回のようにライダーかスーパー戦隊にちなんで、以下のように紹介していました。

軽量活かして逃げて逃げて、迫ってくるヤツらにアデュー。エイシンミキサー
2018年『摂津盃』

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーより

ダービーと秋を制すれば、世代の王者生誕の瞬間である。コーナスフロリダ。時を戻してコンビ復活!名古屋の岡部誠
2018年『園田オータムトロフィー』

仮面ライダージオウより

勝てずとも、燃えてる限り必ずまぶしい朝が来る キクノソル
2019年『新春賞』

(太陽戦隊サンバルカンより)

ここを勝てば牝馬、3歳、短距離、代表馬のalmightyステラモナーク
2020年『楠賞』

仮面ライダーセイバーより

などです。これからはネタを仕入れることがなくなりますので、継続不能ということです。

もともと、ちょっとした遊び心から始めた紹介。

また何かハマるものがあれば、それにちなんで紹介し出すかも知れませんので、そのときはよろしくお願いしますm(_ _)mドーデモエエコトスンマセン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。