ブログ,  競馬

園田競馬・開催日誌 2020年12月23日

山本咲希到騎手が園田で初マルチ!

きょうもきのうに続いて発走時刻が…ってめんどいわ!

まぁ、終盤はナイターですわ(;・∀・)

そんな中、第1レースで勝利したのは、期間限定騎乗中の山本咲希到騎手。

これで、遠征後の7勝目となりました。

実はこのレース、出走馬がすべて西脇トレセンの馬で、騎乗する騎手も全員西脇所属だったのです。

そんなことに気が付かなかったのですが、中田騎手が近寄って来て「全部西脇やったのに、よそ者に勝たれましたわ」と山本騎手いじりを開始。

山本騎手も申し訳なさそうしていましたが、馬が強いんですからしゃーないでしょ!だって10馬身以上の大差やで(;’∀’)モッタママヤシ…

さらに最終レースでも山本騎手は勝利して、園田遠征後初のマルチ勝利達成。これで通算成績は50戦8勝。勝率16%、連対率24%と優秀な成績。

ちなみに、現在勝率16%をクリアしている騎手は兵庫では吉村、下原、笹田騎手とわずか3人だけ。

そこへ名を連ねるのですからすごいんですよ!

そんな“乗れる”人があすは騎乗がないって残念…。

でも、26日の土曜日には、高知競馬場の『金の鞍賞』でスターフェネックという馬に騎乗します。

成績からすると有力馬の一頭に数えられそうで、ひょっとして大手柄の可能性もあるので注目です!

なんか嬉しそうな鴨宮騎手

なんか知らんけど、ごっつ嬉しそうに笑う鴨宮祥行騎手。

ファンの方から、なんかええもんもらったそうですよ♪

ええなぁ、ぼくもなんかリクエストしよかなぁ…。

ハッ!Σ(・ω・ノ)ノ!ソノマエニファンガ…

兵庫GTはまたもやJRA勢が勝利!

今年で第20回目の区切りを迎えた『兵庫ゴールドトロフィー(JpnⅢ)』

これまでずっとJRA勢が優勝していましたが、今年は果たして…。

神崎まなみちゃん(まなみん)・ウクレレおじさん・桑原勲記者(スポーツニッポン)

予想会を行いましたが、まなみんは見事に買い目を発表した馬単が的中!素晴らしい!

ぼくの予想は撃沈でしたm(__)m

レースは第6レースに組まれ、日没前の発走。

パドックはさすがに賑わっていました♪

本来なら、もっともっと入って、もっともっと盛り上がってるのになぁ…。

勝ったのはJRAのサクセスエナジーでした!

馬体重が+22kg、トップハンデの58.5kg、スタートで後手に回り中団からの競馬。それらの不利な状況をすべて克服しての勝利は、お見事としか言いようがありません!

今年は牝馬三冠をエスコートした松山弘平騎手は、やっぱりさすがです!

松山弘平騎手のインタビュー

北出成人調教師のインタビュー

それにしても、川崎のベストマッチョも惜しい2着…。地方勢も勝利まであと一歩のところまで来ています。来年こそはの思いです。

3着だったラプタスは、スタートで躓きながら向正面で仕掛けて長く脚を使う流れに。それでも差のない3着だったことを考えると、この馬も相当な力があるということ。これは力負けということでなさそうですよ。

そして、4着と大健闘した地元のナリタミニスターも素晴らしい!!これは大きな自信に繋がることでしょう♪

石橋厩舎が一日3勝!!

開業2年目の石橋厩舎。以前にもお伝えしましたが、いま非常に好調♪

目標として掲げていた年間40勝を既にクリア。

次に立てたリーディング10位以内というのも、現在10位で達成の可能性十分!

そしてさらに、きょうは第1レース、第5レース、第9レースで勝利を挙げる大活躍!

一気に3勝を挙げて、リーディング9位の保利良平厩舎に勝ち鞍で並びました!

今年も残り5日間ですが、あすの出走はないので4日間。

年間50勝も目の前で、年末の大攻勢があるのか!?

仮に50勝に到達しなくても、来年はさらなる活躍が期待され注目の厩舎となることでしょう♪

あすはヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド園田です!

若手騎手のアツき戦いを堪能しましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。