ブログ,  競馬

園田競馬・開催日誌 2020年12月29日

きょうから入場制限

きのうは場制限なく行われた園田競馬。きょうから1月3日までの開催日5日間は入場制限をします。

このような日によって違う色のハガキが届いていると思いますので、必ずご持参ください。

今朝の開門前の様子はこんな感じ。それぞれが入場ハガキをお持ちなのに、指定席を求めてか、早い時間帯から長蛇の列。

ただ、最終的な入場者数は856名と、大幅に想定(最大4000名)を下回っていました。

ハガキを持たず(応募せず)ご来場された方々も、残念ながらお帰りいただいたケースがいくつかあったそうです。

気の毒ではありますが、この情勢で地方自治体が主催する競馬の最善策だとご理解いただきたいと思います。

吉村騎手が2300勝!

第2レースでトーセンネッロに騎乗した勝利した吉村智洋騎手は、これが地方通算2300勝のメモリアル勝利となりました。

今年の勝ち鞍はこれで350勝!今年に入って100勝毎のメモリアル勝利を4度達成する偉業を成し遂げました。

写真右端がら吉村騎手、広瀬騎手、小谷騎手、松木騎手

これは一体なんの画や?

最終的にはこうなったんですが、よく分からずじまい(;’∀’)

その後、第7レースでも勝利した吉村騎手。さらに第9レースでも勝利して、この日は3勝の固め勝ち。

一日に複数回勝利するのは、もう当たり前になっていて、一日2勝がなんと今年の110回目!

年間160日ほどの開催を行う兵庫県の競馬で、半分以上、いや7割近くでマルチ勝利を挙げているのです!

そして一日3勝は64回目!これも4割の確率で達成している計算。凄すぎるやろ…。

来年はさらに勝ち鞍を伸ばすのだろうか?

いや、他の騎手が独走を許さないのか!?

メインは板野騎手がV

メインの第10レース『オッズパーク杯』(B2クラス)では、カレンエクスカリバ(牡5・森澤友貴厩舎)が優勝!

ハイラップを刻んで逃げた同馬に、好位で続いた各馬は次々に後退。

その流れに乗じて後方から追い上げた各馬の追撃も振り切って逃げ切り勝ち。

着差以上の強さを発揮したレースぶりでした。

鞍上の板野央騎手は「この馬は1230mが合いますね」とスプリント路線での自信を深めていました。

これで板野騎手は地方通算800勝まであと9勝。メモリアルまでのカウントダウンがスタート♪

姫からのプレゼント♪

来春デビュー予定の佐々木世麗さんから、いただけるものがあると以前に書いたことがりましたが、いよいよ実現♪

なんとそれは…。

ウクレレ!!

先日、実家に帰ったときに見つけたという代物。手作りする工作キットタイプのウクレレ。

ウクレレと言えば「園田にウクレレのおっさんがおるがな!」と思い出し、お父さんにも「持っていきなさい」と言われたそうで、めでたくぼくのもとに届いたわけです。ありがとうございます!

「何年も前のもので、壊れてるかも知れないですけど」と恐縮気味でしたが、さっき中身を確認したら、大丈夫そう♪どうやら2012年の商品のようです。

年末年始の開催が終わり、姫路に移ったときに時間が取れそうなので、工作に励んでみようと思います♪ありがとね(∩´∀`)∩

ところで、実は先週ぐらいから「渡します」と言われていたけど、「あっ、持ってくるの忘れた(;’∀’)」というのを繰り返していました。いや、いいのよいいのよ、こちらは待つ身の女だから♪テレサテン

それではいかんと決心したオーロラ姫はきのう、手にしっかり「ウクレレ」とマーキング!

というわけで、プレゼントをいただいたわけです♪

それで、お返しと言ってはなんですが、吉田勝彦Tシャツをプレゼントしました♪

トレーニングのときに来てくれたら、新子調教師のTwitterで発信されるかも知れないのでご注目!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。