きょうも暑さ満開(・_・;

メインレース前には33.7℃

たぶん、34℃に乗っていたと思います。

それでも、もっと暑い35℃超えもこれから幾度となく訪れるのでしょう( ̄▽ ̄;)イヤヤケド

板野央騎手が800勝達成

第1レースで勝利したのはワンダートランプ(牡4・木村健厩舎)。騎乗していた板野央(ひさし)騎手はこれが地方通算800勝のメモリアル勝利となりました。

王手を懸けてから足踏みが続きましたが、鮮やかな差し切りでメモリアルを達成です♪

競馬組合は毎回、記念撮影のためのパネルを作成してくれます。

おめでとう!

同馬を管理する木村健調教師も「800勝やぞ!」と担当する厩務員さんに知らせて、自身も大喜び。

記念撮影には、同期の広瀬航騎手の他に、松本幸祐騎手、大柿一真騎手が参加。

松本騎手はどうやら「8」のポーズを作っているようですが、大柿騎手は自身が達成したかのような力強いガッツポーズ(;’∀’)

「道中で手応えがあっても、しっかりと直線で伸びてくれるか分かりませんでした。それでも、よく差し切ってくれました。家の馬(自厩舎)で勝てて良かったです」といつものように控えめなコメントでしたが、やはり兄のように慕う木村師の下に所属し、メモリアルを達成して喜びもひとしおでしょう♪

グランプリシップが快勝!

真っ白な馬体、融通の利かない追い込み脚質、勝つときと負けるときのギャップが激しく、個性派として人気を博すグランプリシップ(牡7•稲田彰宏厩舎)。

きょうは第6レースに出走して、2番人気に支持され鮮やかな差し切りで快勝しました!

騎乗した広瀬航騎手は、ズブいタイプの同馬を目一杯追い続け、人気を集めたダイシンギワを退けて勝利をモノにしました。

この厳しい暑さの中、よく頑張った広瀬航騎手です♪

ところで、きょうのパドック解説の前半担当は競馬ブックの松原秀隆記者でした。

その松原記者、1レースからなかなか当たらず、レースを振り返るときはトーンが下がり気味。

最後の予想に力を込めて、◎を打ったグランプリシップを頭固定で狙おうと推奨!

結果は◎→○→△と見事的中!!

3連単の配当は1万1860円と万馬券ゲットです!

お見事松原記者!と言いたいところでしたが、既に前半の解説は終了。後半の北防さんにバトンタッチしていました(;’∀’)ヨソードーリ

あっ、そうそう!広瀬騎手は、あしたのメインにハナブサ(牡4・高本友芳厩舎)で出走。こちらは断然注目です!!

ニコシーナ連勝!

626kgで勝利して、日本タイ記録を樹立したのはグラシーナ(牡4・盛本信春厩舎)。

同馬と同馬主、同厩舎のニコシーナがきょうの第10レースを勝利!

斤量1kg増でもしぶとい脚で接戦を制し、連勝を飾りました。

厩務員さんが写真撮影のために、ピシッと止めてくれました♪

騎乗していた下原理騎手は「勝負どころで反応が鈍くなるのはいつものことなんですが、直線もう一回伸びると信じて追いました」と名手は決してあきらめない姿勢で勝利に結びつけたのでした。

きのうに続いてメインは杉浦騎手

きのうはディアタイザンでメインレースを勝った杉浦健太騎手。

きょうはJRAとの交流戦『加古川特別』をJRAのサンライズミリオンに騎乗して5番手からの差し切りで優勝。

連日のメインジャックとなりました♪

浜田多実雄調教師をレースを振り返っているときでしたが、ピースをしてパチリ♪

「レースを観ているとズブい印象でしたが、思った以上に良い反応を示してくれました」というようなことを喋っていましたよ。

先週は6勝の固め勝ち、今週もメイン連勝と絶好調モード突入です!!

パソコンの液晶画面が5分の3ぐらいダメになったんですけど、意外に使えるもんですね、アハハ(^◇^;)ビンボーシヨー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です