ブログ,  競馬

無観客競馬〜57日目〜

馬場の内側が重いか否か

今朝も強めの雨があり、馬場は「不良」でスタート。

きのうに続いて砂の補充も行われました。

これが馬場傾向に微妙に影響するのですが、序盤は外からの差しが決まっていて、内よりも外の方がいいのかなという感じでした。

ところが、内をぴったり廻る馬が好走するシーンが見え始めます。

第4レースでは内ぴったりを廻りながら逃げ切ったココロコ。鞍上は寺地誠一(しんいち)騎手でした。

この寺地騎手は馬場を読むのが上手い騎手。馬場の内側が力を要する重い馬場と思われるとき、突然内を突いて騎乗馬の伸びを引き出すときがあります。

そんなときは、皆が気にするほど重くなくなっているのです。

だから、内が重いか否かを判断するとき、寺地騎手の動向を見ろ!というのが、関係者の中ではひとつのバロメーターにもなっています。

まさに第4レースの寺地騎手の逃げ切りは、内側は決して重たくないことの証明でした。

あしたもその傾向になるかどうかは分かりませんが、ある程度の参考にはなるかと思います!

遠征の鴨宮騎手

きのうは大井競馬に遠征した鴨宮祥行騎手。

大井のナイターに騎乗したあと一泊し、朝から飛行機で移動して園田に。

第2レースから早速の騎乗。

あっ!鴨宮騎手を発見!!

へっ!?まったく分からない??

分かりました!ズームします!!

コレです!

本馬場入場する各馬。

第3レースの模様です。

あっ、ここにも鴨宮騎手。

レース後に会いに行くと…

なんや!そのイケメンかシャワー浴びてる雰囲気のポーズは!!

「馬がもっと慣れないと、力を発揮できませんね。でも、あれだけの強いメンバーと戦ったのは収穫だと思います。距離はもっと短めの方がいいかな」と騎乗したガミラスジャクソンを分析。

うん、到底敵わない相手かも知れないけど、強い相手と戦うことは、次に絶対繋がるはず!次走以降に期待しましょう!!

と、ここで女性ファンに”追い鴨宮”の写真を♪

っていうか、オレが熱烈なる鴨宮ファンか( ̄▽ ̄;)

およそ5ヶ月ぶりの…

きょうの後半戦のパドック解説者は、競馬キンキの北防敦チーフトラックマンでした。

進行は、最初だけぼくが担当しましたが、あとはずっと鈴木セイヤアナ。

はぁ、楽です♬

北防さん、あしたもカツオ頼んまっせ♪

帰宅後、家族で行った先は、みんな大好きサイゼリヤ!

家族全員で行く外食は、およそ5ヶ月ぶり。

外呑みするのは、2月20日以来。

あぁ、ホントに久々で楽しくて嬉しかった♬

そんなに久々でありながら、サイゼの間違い探しはあっさりクリアしたゼヽ(´▽`)/

ぼく、ポン駆け利きまんねん♪

それから、注文過多で一時期品薄状態になっていた『アロスティチーニ(ラムの串焼き)』を注文。

4本800円(2本400円もあり)はサイゼの他の価格帯から言えば、少々高めに思えますが、旨いので許す!

小鉢に入っている、やみつきスパイスがまた、さらに食が進むがな( ̄▽ ̄;)

ホンマに家族全員での外食は嬉しかった♪

あしたは、その金ナイターの開催日!

どうぞお楽しみください♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。