こぼれ話,  ブログ,  競馬

園田競馬こぼれ話〜その3〜

親目線の新子調教師

新子雅司調教師と言えば弟子の騎手候補生、佐々木世麗さんが注目を集めています。

「馬は難しい。でも、人間を育てるのが一番難しい…」と苦笑いする新子師。

とはいえ、順調に成長は遂げている実感は掴んでいるようです。

久しぶりに師弟のツーショット!

「調教もすごく乗っていて、うちのも他の厩舎でも追い切りした馬が結構勝ってますよ。火曜日のモズトリプルエーとか、水曜日の1レースのキム兄(木村健調教師)の馬もですよ」

そのまま世麗さんが乗っていたら、勝っていたかも知れない。もう既に、何勝も挙げているかも知れない事例が出ているのです。

「タガノゴールドにも乗りましたし、うちの馬はだいたい乗ってるんちゃうかなぁ」

最強軍団、オープン馬の宝庫新子厩舎のほとんどの馬を乗ってるって、デビュー前からすごい経験してますやん!

これ以上ない教材が揃っている研修環境。もう本当に、デビューするのが楽しみでならない♪

「でも、まだ余裕がなさすぎて、馬の背中の感触をまだ感じられていないですね」

って、そらそうやろ!まだデビュー前やで( ̄◇ ̄;)

「う〜ん、やっぱり人を育てるのは難しい…」

せやから、求めるとこ高すぎやろ(;≧д≦)/

いやはや、この新子イズムが伝わっていけば、すごいジョッキーが誕生することでしょう♪

それはそうと、ちょっとニッコリしましょうよヽ(´▽`)/

この新子師の笑顔は、はにかみだそうです♪

師のTwitterでは、ちょいちょい世麗さんが登場。競馬場の仕事だけではなく、終わってからジムでさらに鍛錬を積んでいます。

兵庫初の女性騎手は、本当に凄いジョッキーが誕生するんじゃないかとワクワクしています!

「オレらは友達みたいな感じやんな」と新子師は言いますが、世麗さんは無反応…。

「あっ、やっぱり親子です(汗)」

実の子でも育てるのは難しいのに、よその子を我が子のように悩みながら育てる新子師の取り組みは素晴らしい!

世麗さんの生き生きとした働きぶりと笑顔に、親子関係の良好さが感じ取ることができ、とても心地いい♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。