ブログ,  競馬

園田競馬・開催日誌 2020年12月17日

きょうも寒い

けど、冬は寒いのが当た前…。

と言いながら、先週との気温の違いに参ります。

鈴木セイヤアナのTwitter。9時過ぎの実況席は2.8℃…( ̄▽ ̄;)

お昼過ぎでも7℃ぐらいまでしか上がりません…。

あっ、今週からオッズの表示が変わってまーす!

レース後にジョッキーのところに行くと…。

みんな寒いから、中に入ってレースの振り返り。話が訊けないときもあるんですわ…(;・∀・)

チーム広島

競馬関係者の出身地はさまざま。

もちろん関西が一番多いのですが、川原正一騎手は鹿児島県出身。永井孝典騎手は愛知県出身と、他地区から園田で活躍しているケースもあります。

そんな中、結成された『チーム広島』!

下原理騎手(写真右)は広島県出身として有名ですが、競馬キンキの中司匡洋トラックマンも広島県出身。そして、佐々木世麗騎手候補生も広島県出身ということで、結束がかなり固そう(;・∀・)

他には坂本厩舎で調教師補佐をする元騎手の、平原透雄(ひらばるゆきお)氏も広島出身。

4人揃えば盛り上がることでしょう。

中司トラックマンが「世麗ちゃんとは出身地が近いということがわかったんですよ、ここのあれとそれがぼくのとこのあれの近くで…」

いや、全然分からん(;’∀’)

同郷だと話は盛り上がるんでしょうなぁ♪

あっ、ここに鈴木セイヤアナが加われば完璧と思っている方もいるかも知れませんが、彼は静岡県出身です(^◇^;)ナマエダケヒロシマフウ

久々にやってもた

ぼくは仕事のときに、このボールペンを使っています。

で、たまにやってまうんですけど、フタをせずにシャツの胸ポケットにスポっと入れるのを(>_<)

ほんで、こないなりまんねん( ノД`)ネンニイッカイノコウレイギョウジ

誰でしょう?の答え

以前クイズにしながら、答えをお伝えしていなかったこの騎手は誰でしょう?

正解は…

馬主服着用の山田雄大騎手でした。

実は山田騎手、きょうが30歳の誕生日!

自身の生誕を勝利で祝うバースデーWinとはなりませんでしたが、これからが脂の乗るってくる年代!今後の活躍を期待しましょう!

っていうか、もう30なんかぁ…。そらぼくもトシとりますわぁ(・_・;50デゲス

そんなことより、きょうのメインは『酒米の王様 山田錦杯』やで!乗っとかなあかんがな!

「そうなんですよ、乗り鞍がなかったんです。乗らんとダメですよね(笑)」

そうやで、折角の誕生日に山田騎手が山田錦杯に乗らんと!さらに勝たんとあかんがな!

そう言えば、4年前の同じレースで山田騎手が山田錦杯に勝利しています。縁もゆかりもあるレース、次回こそ騎乗馬を確保して、キッチリ勝ってもらいましょう♪

イケメン田野騎手がキャリアハイ

先ほどの山田騎手や、鴨宮騎手などイケメン揃いの兵庫ジョッキー!

田野豊三(とよかず)騎手もイケメンとして人気のひとり。

そう考えると、いろんなタイプのイケメンがあるなぁ。

第7レースの2歳認定競走では田野騎手が騎乗したティーティーエイト(牝2・碇清次郎厩舎)が勝利を飾りました。

好位の内でピタッと折り合い、脚を溜めて直線で抜け出す会心の勝利!

とにかく大外12番枠にもかかわらず、正面の先行争いで巧く内に潜り込んだのが素晴らしい♪あれで勝負ありという感じ!

これで今年の勝ち鞍が45勝目となり、自身の年間最多勝を更新しました!

技術的には素晴らしいものがあり、まだまだ上を目指せる器。さらなる躍進を期待しましょう♪

山田錦の行方は!?

メインレースの『酒米の王様 山田錦杯』はサンライズハイヤー(牡4・柏原誠路厩舎)が2番手から、逃げたクールファンタジーをゴール前キッチリ捉えて優勝しました。

これが柏原厩舎の今年の40勝目となりました。

というのを厩務員さんが教えてくれました(;^ω^)

『山田錦杯』ですから、副賞はもちろん山田錦を使った日本酒です!

ゲットしたのは鴨宮祥行騎手です!!

おめでとう♪と心を込めて言うと「あげましょか?」と響きの良い嬉しい返しに…

思わず Uo・ェ・oUワン♪

先日、JRAでレースをした際、騎乗馬のクーシェル(牝2・渡瀬寛彰厩舎)とともに、美男美女と評された写真がSNSで大反響!本人も満足気♪

そんな美男がすることはちゃいますわ!

美男美酒やがな!そんなもん、サムネ決まりやないか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。