ブログ,  競馬

園田競馬・開催日誌 2020年12月24日

きょうはクリスマスイヴ♪

12月24日の園田競馬。クリスマスイヴの開催です♪

ところで、クリスマスイヴの「イヴ」ってどういう意味か知ってます?

実は…

「イヴニング」の意味だそうですよ!クリスマスの夜って意味なんです。

とラジオで言ってました(;^ω^)詳しくはご自身でお調べくださいm(__)m

きょうは誘導馬もクリスマス仕様♪

YJSファイナルラウンド園田

若手騎手の晴れ舞台『ヤングジョッキーズシリーズ』ファイナルラウンドが開幕!

昨年までは大井競馬場→中山競馬場というファイナルの流れでしたが、今年は園田競馬場→阪神競馬場と関西での開催。これは嬉しいことですね♪

でも、残念ながら今年はなんか知らんけど、いろいろ面倒なことが起こって、大々的に盛り上がることがないのがツラい…。

騎手紹介もなし。ファンの前での記念撮影もなし…。

JRA所属騎手は全員マスクで撮影(;・∀・)

地方競馬所属騎手はノーマスク!

一体、いま日本では何が起こっているのか??

いや、それより地元騎手がおらんがな(;’∀’)ヨセンオチタナ…

初戦を勝ったのは名古屋競馬のルーキー細川智史騎手。

向正面から一気にまくって押し切る豪快なレース。11頭中の7番人気の激走で波乱を演出!総合優勝へ大きく前進したのでした♪

細川智史騎手のインタビュー

2戦目を制したのは大井の吉井章騎手。

こちらは1870mでスロー流れを作り、見事に逃げ切りました。

これが通算101勝目となり、減量卒業を決めました!!

吉井章騎手のインタビュー

3戦目を勝ったのはJRAのルーキー小林脩斗騎手。

人気の馬で馬群をうまく捌いて、期待に応える見事な勝利!

初の小回りの園田を攻略するのですから素晴らしい♪

小林脩斗騎手のインタビュー

YJSこぼれ話

取材で検量室に行くと、なぜか中田貴士騎手が待ち構えていて「ちょっと写真撮ってください!」と勢いよく頼んできた(;・∀・)エエケド

で、誰と撮るかと言うと…

YJSファイナル第1戦で勝利した名古屋の細川智史騎手でした(;’∀’)ナンデナン?

「彼はね、初勝利のときゼッケンをこんな感じで持ってたんですよ!凄いでしょ!なかなかできないですよ、大御所みたいな感じで。だから細川センパイって呼んでるんですw」

って言うか、どこチェックしてんねん!

当の細川騎手は「もう初勝利で何が何だか分からなくて…」とあんまり覚えてないみたい(;’∀’)

で、そのときの画像があるかどうか探してみたら…。

名古屋競馬のTwitterより

はっ、思った以上のブランケット感( ̄▽ ̄;)

中田騎手は「話してみたらより面白いことが判明しました!またきて欲しいです」と全力推し宣言(^◇^;)

現在ポイントトップに立っている細川騎手。総合優勝に一番近い位置。このまま逃げ切ることができるかどうか!?

中田騎手は全力で応援することでしょうヽ(´▽`)/

ぼくとしては、きょう出会えた彼ら全員を応援する!もう親戚のおっさんになった気持ちになって♪

せやけど、来年こそは兵庫のジョッキーがファイナル進出できるように頑張れよ!頼むで!!

最後にメリークリスマス♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。