ブログ,  競馬

園田競馬・無観客〜86日目〜

準備が進む

無観客が続く園田競馬。

それでも、ファンの皆さんをお迎えする準備は着々と進んでいます。

このように最近どこでも見かける靴のマークが園田競馬場の至る所に配備されています。再開日はまた決定していませんので、もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

頑張る騎手

笹田騎手としばしお話。

今年は初の年間100勝が見えてきました(現在82勝)。

「いい馬に乗せてもらってるので、100勝はしないとけないと思っています」と期待をかけられている現状を、冷静に受け止めている様子です。

今年で34歳になった笹田騎手。自身は一番いい時期だと感じているようです。

脂が乗り切り絶頂期に辿りつこうとしている実感があるのでしょう。だから期待をかけられるのだろうし、それに応えられるのだと思う。

こちらは渡瀬騎手。

いろいろと話をしましたが、競馬とは関係のない話。でもこれが盛り上がり、もっと話をしていたかったのですが、後日にお預けですな(^◇^;)

テツが遂にオープン昇級!

メインはA2クラス(準オープン)の一戦。

制したのは、2番人気のテツ(牡4・橋本忠明厩舎)でした。

逃げ馬の外に付ける2番手。2周目の3コーナー手前で抜け出したテツ。最後は2着馬に2馬身半差をつけて快勝しました!

これで同馬はオープンに昇級が確定!

管理する橋本調教師は「ファン投票で選ばれれば、園田金盃を目指します」といきなり頂点を取りに行く構え。

他にもジンギやエイシンニシパ、エイシンセラードなどオープン馬の宝庫となっている橋本厩舎。

さらに「ナムラムートも向かうかも知れませんよ」と同一厩舎出走可能上限の4頭まで出走させる意向を示していました。

それにしても、鞍上田中学騎手の好プレーが光った。

田中騎手に話を伺うと…

「何通りかのパターンを想定していて、エイシンテースティが逃げたので、その外につけました」とのこと。

例えば、アーチデュークが逃げたときは内で足を溜めるレースをしようと考えていたそうです。

このように何パターンも想定してレースに臨み、瞬時の判断を見誤らないように準備しておくのです。

きょうはそのパターンが少ない方で、もっと多くのイメージを巡らし、その中でベストなレースを生み出して行く。

だからこそ、冷静でクレバーな騎乗が可能で、兵庫生え抜き最多勝に繋がるのです。すごい!

そんな田中学騎手は、あした名古屋競馬場に遠征。橋本厩舎のエイシンセラードで『秋桜賞』に参戦。名人芸にご注目♪

なお、同レースにはガレットショコラ(牝6・北野真弘厩舎)も長谷部駿弥騎手の騎乗で出走しますので、応援よろしくお願いします♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。